共感コミュニケーション(NVC)や音読療法を知ってから、私にはたくさんの変化がありました。
それは、いきなり、ではなく、
気づいたら…そういえば…といった緩やかな、長いスパンでの変化。

いくつかあった「変化」のうちの一つのは、「怒った後の後悔」の仕方です。

つい感情的になってしまった…
こんなに怒るつもりはなかったのに…
怒りに任せてひどい言い方をしてしまった…
なんでいつも怒ってしまうんだろう…

そんな後悔をしていました。
そして、今でもそんな後悔をすることはあります。
大体は、自分を責めるような・否定するような思いです。

そこで終わると、もう、ずんずんズルズル気持ちが沈んでいく一方でしたが、
変化したことは、
その思いの、さらにその奥にあるニーズを考えるところまでするようになったことです。

そうすると、
怒ったり、後悔をした自分を、受け入れることが自然とできていたり、
怒りの対象となった物事人への思いを再認識できたり。
ただ、ずんずんズルズル⤵︎沈むのではなく、
心や頭を整理することができる、とも言えるかもしれません。

(後悔する以前に、怒りがひたすら続いてどうしようもなくなる!!!こともありますが…)
そうやって後悔しきった頃には、怒りや後悔は消えていることがほとんどです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください