協会について

音読療法協会は、音読療法(ボイスセラピー)の研究および技法の確立と普及をめざして、2011年に設立されました。

音読療法協会の呼吸法・発声・共感的コミュニケーションは、もともとNPO法人 現代朗読協会が長年にわたって蓄積してきた手法をもとにしています。現代朗読協会は、身体性を重視した朗読・音読を追求、研究する団体で、現代芸術のジャンルで注目を集めるパフォーマンス集団でもあります。

2011年3月に発生した東日本大震災ののち、直接の被災地ではない地域においても精神的不安を訴える人が多く現れました。さらに、余震や停電に怯え、繰り返し流される映像やニュースを浴び続け、知らず知らずトラウマを抱え込み、原因不明の心身不調に自分ではどうにもできなくなって、日常生活に支障をきたす人も増えてきました。

現代朗読協会では、震災発生の日から不安に苛まれる人を受け入れ、他の諸団体と連携して、ケアをおこないました。縁あって被災地で音読療法を実施する機会もいただき、幅広い世代での効果を目の当たりにすることともなりました。

理論をまとめる過程で協力を仰いだ臨床心理士・医師・研究者の皆さんには、音読療法の根ざす考え方と具体的な手法・手順が高く評価され、時代に求められているこの技法を広めるためにも協会団体の設立を急ぐよう要請されました。

こうしてみなさまのご要望にお応えする形で、音読療法協会が設立されるに至りました。

協会所在地 東京都世田谷区(詳細)
協会代表 オーガナイザー:水城ゆう(プロフィール)
協会員 音読療法士(1名)/1級ボイスセラピスト(5名)/音読トレーナー(2名)/ボイスセラピー講座認定者(旧2級ボイスセラピスト・50名)
連絡先 オンラインフォーム/FAX/メール