マスターコース

マスターコース音読療法士補 資格要件

・全40単位取得および研究レポート提出で音読療法士補に認定されます。さらに2年間のインターン期間を経て音読療法士に認定されます。
・単位有効期間3年間(最長3年間でコース修了のこと)
※やむを得ない理由でお休みされる場合は、講義録画(または音声)をオンライン視聴できるように計らいます。休みが5回以上になる場合は、オンライン受講生向けに設けられる3日間スクーリングへの参加が要件となります(別途参加費が発生します)。

マスターコース受講費

一括前納 600,000円
3回分納 210,000円×3回
12回分納 55,000円×12回
※夏季合宿研修費を含みます。
※資格認定前および認定当年の年会費、事務手数料等が含まれます。

オンライン受講生

地方在住の方もしくは介護・育児等で外出が困難な方は、オンライン受講生として受講が可能です。
インタラクティブ性を重視し、リアルタイムでの受講となります。
ただし、合宿研修はスクーリングを兼ねて参加必須となります。
さらに、別途設ける3日間(時期は参加者と相談の上決定)スクーリングに参加し7単位を追加取得してください(計47単位)。

マスターコースオンライン受講費

一括前納 710,000円
3回分納 250,000円×3回
12回分納 64,500円×12回
※2回分の合宿研修費を含みます。
※資格認定前および認定当年の年会費、事務手数料等が含まれます。
※音読療法士補資格取得を希望せず、講義の受講のみご希望の方は、ご相談ください(現場実習・諸経費等を差し引いた受講費をご呈示させていただきます)。
お問い合わせ窓口

講義 各1単位(計27単位)

1. 音読療法の基礎(1)
2. 音読療法の基礎(2)
3. 身体知識(呼吸器系)
4. 身体知識(筋肉・骨格・神経系)
5. 基礎心理(トラウマとうつと音読療法)
6. マインドフルネスと認知行動療法
7. 音読と心理(表現療法)(1)
8. 音読と心理(表現療法)(2)
9. 呼吸・発声法(1)
10. 呼吸・発声法(2)
11. 呼吸・発声法(3)
12. 音読エチュード(1)
13. 音読エチュード(2)
14. 音読エチュード(3)
15. 音読エチュード(4)
16. 個人セッション方法論
17. グループワーク方法論
18. 共感的コミュニケーション(1)
19. 共感的コミュニケーション(2)
20. 共感的コミュニケーション(3)
21. 共感的コミュニケーション(4)
22. 実習シミュレーション(1)
23. 実習シミュレーション(2)
24. 個人セッションシミュレーション(1)
25. 個人セッションシミュレーション(2)
26. 音読療法経営論
27. 音読療法総括

計27単位

各単位毎のレポート提出をもって単位認定とする

現場実習  6単位
合宿研修  7単位

合計   40単位

研究レポート提出をもって資格認定とする
研究レポートは「卒業論文」に相当します。音読療法について完全に理解した上で各自自分の個性や生活スタイル、環境を取り入れたオリジナルな研究テーマを設定し、研究したものをレポート提出していただきます。