マインドフル手帳術

手帳歴45年超、「情報活用術」(ブックマン社)の著書もある作家・水城ゆうによる、画期的な頭の整理法「マインドフル手帳術」の実践ワークショップです。

マインドフル手帳術03ToDoリストが使いこなせない人も、GTDがいまいちできない人も、「七つの習慣」(フランクリン・プランナー)に挫折した人も大丈夫!

共感的(非暴力)コミュニケーションのスキルアップにも効果を発揮、「自分を大切に扱う」方法を、手帳を使って身につけます。

単なる手帳の使いこなし術ではなく、日々生き生きと過ごすための根本的な問題解決を図るのが、「マインドフル手帳術」なのです。

bt_application
【事前に準備していただくもの】

  1. ご自分がふだん使っている手帳をお持ちください。
    タブレットやスマホでスケジュール管理をしているという方は、それをお持ちください。もちろん、これから使いたいと思っている手帳でもけっこうです。
  2. ご自分がふだん多くの時間を過ごす部屋の写真をお持ちください(スマホやデジカメの写真でかまいません)。ご自分がワークのときに参照するもので、人に見せるためのものではありません。

【こんなことをやります】マインドフル手帳術02

最初に自分の内外の「気がかりなこと」すべてを書きだし、いったん頭のなかをからっぽにします(GTDの手法に似ています)。

そのための準備段階として、マインドフルネス瞑想をおこないます。

実際のワークは詳細なプロセスにしたがって、お互いにシェアしながら進めていきます。ここでは共感的コミュニケーション(NVC)の手法を用います。

マインドフルネス手帳の運用方法を身につけたら、あとは毎日の手順にしたがって自分の人生をクリアにし、いきいきとすごす段階へと乗り出していきましょう!

【開催要項】

直近の開催日は当サイトの最新情報およびトップページの「講座日程」、またはFacebookページTwitterを御覧ください。

受講料 3000円

講師 水城ゆう

bt_application

 

【参考記事】

共感的コミュニーション(NVC)をマインドフル手帳で練習する(水の反映)

マインドフル手帳術ワークショップ実施レポート(水の反映)

「マインドフル手帳術」レポート(音読療法協会サイト)