12月4日:共感カフェ in おがわまち

よく「自分を大切にできない人は他人も大切にできない」と言われるけど じゃあ「自分を大切にする」って、結局どうすればいいのかわからない・・・ そういう人、実は多いのではないでしょうか。
共感カフェは「共感的コミュニケーション」という手法を使って 自分と繋がる方法を模索するお話会です。

今回は作家にして「音読療法協会」オーガナイザーである水城ゆうをファシリテーターとして迎えて、江戸時代に建てられた風情ある長屋を改装したコミュニティースペースを会場に、まったりとしたひとときを皆さんと共有したいと思います。
途中退出もOKなので、「なんだか分からないけど気になる!」と感じた方、ぜひ参加してみてください♬

☆日時 2016年12月4日(日)13:00〜16:00

☆会場 たまりんど
埼玉県比企郡小川町小川177, 355-0321

☆参加費 ¥3,000ー お茶・お菓子付き☆
(費用の一部は小川町の町並み保存として、古民家等の修復費に充てさせていただきます)

☆定 員 8 名☆
☆お申し込みはこちら
メッセージ欄に「おがわまち」とお書きください。

【共感的コミュニケーションとは、 アメリカの心理学者マーシャル・ローゼンバーグ博士が提唱したコミュニ ケーション体系「NVC」(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)を、日本人向けにわかりやすい言葉で再構築したもの。頭で物事を 考えるのではなく、自分自身と相手の心(ハート)の声に耳を傾けてその瞬間の 感情を明確にし、共感をもってコミュニケーションすることを主眼とします。なおざりにしがちな自分自身の感情を丁寧に見つめ、そして相手の内側にある「大切にしている想い」も尊重することで、互いに心からのつながりを築いていくことを目指しています】



カテゴリー: お知らせ, 共感的コミュニケーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*