カテゴリー: 水城の音読療法考

音読療法協会オーガナイザー、水城ゆうの日々の考察

音読療法の仲間と活躍の場の広がり

金曜日の夜から土曜日にかけて、音読トレーナー養成講座とボイスセラピー講座をおこないました。 音読トレーナー養成講座は、2泊3日の合宿形式で開催する予定だったのが、キャンセルが出たり、参加者の都合で、前半の1泊2日の部分の


カテゴリー: レポート, 水城の音読療法考

田舎に移住する方あるいは在住の方におすすめ

5月7日(日)は国立・春野亭で音読カフェをおこないました。 ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。 音読カフェは音読療法の音読ケアワークを使って、日頃の心身の健康を促進したり活力を向上させたり、あるいは介護予


カテゴリー: 水城の音読療法考

喜びとやりがいのある仕事

昨日は国立の家でボイスセラピー講座を開催しました。平日の夜だったので、全教程はこなせず、残り2時間くらいの分は後日、オンラインミーティングでやることになっています。 現在、音読療法協会の活動は、いくつかの柱があります。


カテゴリー: 水城の音読療法考

音読療法の講座に自治体から予算が出た

すべての自治体にあるわけではないと思いますが、地方の自治体に「ふるさとづくり人材育成事業」というものがあるそうです。 いまグーグルで調べてみたら、ずらっとたくさん出てきました。 つまり、各自治体がふるさとづくりのための人


カテゴリー: 水城の音読療法考

楽しい瞑想とマインドフル表現

「瞑想」や「マインドフルネス」がもてはやされていて、その定義もさまざまですが、私がおこなっているものは一貫して、 「思考を手放し、いまこの瞬間の自分自身とまわりの世界とつながっている(認識する)状態の持続」 を意味してい


カテゴリー: 水城の音読療法考

ボイスセラピーの必要性と可能性、職業的自立をめざして

昨日はボイスセラピー講座の日でした(ちょっと語り口を変えてみる)。 昨日の参加者のひとりが、この講座に来た動機として、 「自分もカウンセリングなど対人援助の仕事をしているけれど、ボイスセラピーという言葉にピンときてネット


カテゴリー: 水城の音読療法考

新ボイスセラピー講座と音読療法協会のこれから

つぎの日曜日・2月1日は、羽根木の家で「ボイスセラピー講座」を開催する。 これまで「2級ボイスセラピスト講座」として開催してきたもので、内容はほとんどおなじだが、参加費はほぼ半額と参加しやすくなる。 では、なにが変わった


カテゴリー: 水城の音読療法考

2014年最後のボイスセラピスト講座

昨日は午前10時から今年最後の2級ボイスセラピスト講座を開催した。 新規参加と再受講が混じっての講座。 2011年末からスタートしたボイスセラピストの育成講座だが、丸3年やってきて、資格取得者の数は増えたが、現場に出てき


カテゴリー: 水城の音読療法考

ボイスセラピスト合宿二日め

午前7時、オリンピックセンター・センター棟前に全員集合。 今朝は音読療法の体系内にはないけれど、ボイスセラピストのメンタルによい影響をもたらすマインドフルネスの実践としての「歩く瞑想」の練習会を、講座の前におこなった。


カテゴリー: 水城の音読療法考

9月の横浜共感カフェを終えて

2014年9月10日、水曜日夜。 昨日は横浜の神奈川県民センターで共感カフェがあった。 主催はいつもの須美子さんで、彼女によれば横浜共感カフェも昨日でもう6回めになるそうだ。 常連の方もいるし、初めての方、まだ数回の方と


カテゴリー: 水城の音読療法考

ママカフェ、共感スキル勉強会(8.28)

昨日はママカフェこと「お母さんのための音読カフェ」と、共感的コミュニケーションの勉強会を羽根木の家で開催した。 毎月開催しているママカフェは、これまでゼミ生の藤沢さんや、ゼミ生でボイスセラピストのKAT、音読療法士の野々


カテゴリー: レポート, 共感的コミュニケーション, 水城の音読療法考, 音読カフェ

ストレスマネジメントとしての音読療法

photo credit: Amy McTigue via photopin cc   人は外部からストレスを受けると、反射的に対応しようとする。 思考する余地もなく、反射的に身体が反応する。 防衛反応である。


カテゴリー: 水城の音読療法考

姿勢をのばす習慣を身につける(うつ予防)

photo credit: Shirin Winiger via photopin cc それが物理的なものであれ心理的なものであれ、ストレスがかかると人は自動的に対処反応をおこす。 交感神経を瞬時に昂進させ、非常事態に


カテゴリー: 水城の音読療法考

自分を伝えるための「聴く技術」

コミュニケーション能力をアップさせるというと、整然とした論理とか、説得力のある発声とか、情熱のこもった話し方といった、とかく「自分を伝える技術」のほうに目が行きがちだが、実際にはもっと重要なことがある。 「聴く技術」だ。


カテゴリー: 水城の音読療法考

他人をコントロールしたがる人々

photo credit: <a href=”http://www.flickr.com/photos/ferran-jorda/2211185265/”>Ferran.</a&


カテゴリー: 共感的コミュニケーション, 水城の音読療法考